So-net無料ブログ作成
検索選択

地元への説明は政府案決定後=普天間移設で官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は27日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関し「日本政府の安全保障という概念なので、政府としての意思決定の下、当該の国民、住民に説明をし、理解をいただく努力はやらないといけない」と述べ、移設先を決めた上で地元自治体や住民の同意を求めていく考えを明らかにした。
 鳩山由紀夫首相は移設先決定の前提として「地元の了解」を挙げていたが、移設先の了解が得られないままの政府案決定もやむを得ないとの考えを示したものだ。 

【関連ニュース
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

「アイ・ウォント・マネー!」コンビニ強盗未遂でアメリカ人を再逮捕 (産経新聞)
新規作用機序の関節リウマチ治療薬の承認を了承(医療介護CBニュース)
出頭の母、長男殺害容疑で逮捕=車内に8歳男児−福島(時事通信)
ブルブル!3月並みの寒さ、週末からは暖かく(読売新聞)
水俣病東京・大阪訴訟、和解向け事前協議入りへ(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。